珈琲豆自家焙煎機コーヒーロースターロボットの導入店を募集しています。

HOME お問い合わせ

CRR COFFEE ROASTER ROBOT

珈琲豆
HOME > 自家焙煎珈琲の魅力 - 珈琲豆は生きている! -

自家焙煎珈琲の魅力


珈琲豆は生きている! COFFEE TALKインタビュー

珈琲豆は生きている!

「珈琲を飲むと胸やけがする」。珈琲が苦手な理由に多い回答ですが、実はこの胸焼けの大半は、古くなって酸化した豆が原因であることをご存知ですか? 野菜や肉、魚と同様に、珈琲豆も鮮度によって香りや味が変わる生鮮食品なのです。
コーヒーの実

おいしくない珈琲の正体は「酸化」
珈琲豆は焙煎してから3〜4日間、炭酸ガスを多く含んでいます。これが珈琲の香りの成分になるもので、炭酸ガスが豆に含まれている間は、鮮度が高く、風味もよい状態です。ところが、炭酸ガスの量が少なくなると、次第に酸化が進み、焙煎してから1週間で味が劣化してしまいます。また、豆に空気が触れる面積が大きくなるほど、酸化が早く進むので、焙煎した豆は挽き置きせずに、飲むときに飲む分だけを挽くことが大事です。
本来、珈琲は野菜や肉、魚といった生鮮食品と同じ、鮮度が味を左右するデリケートな飲み物です。スーパーで肉や野菜を買うときのように、珈琲豆も新鮮なものを選びたいもの。しかし、店頭で販売されている珈琲豆のほとんどは、焙煎からかなりの時間が経っています。工場で焙煎された豆は、販売店に届くまでに長い流通経路を経ており、鮮度の高い状態で店頭に並ぶことはまずありません。

もし、下記の項目に一つでも当てはまることがあれば、古くなった珈琲豆で飲まれている可能性が高いので、ぜひ、「CRR」の導入店舗で煎りたての新鮮な珈琲の味、香りを味わってみてください。今まで出合ったことのない、フレッシュな香りや味に、きっと驚かれることでしょう。

珈琲のチェックシート
購入のしかた、保存方法
1〜2か月はもつように、まとめ買いしている
豆は購入時に全部挽いてもらっている
豆の賞味期限を意識したことがない
いつ買ったのかわからない豆がある

淹れたときの状態
お湯を注いでも粉が膨らまない

飲んだときの香り、味
鼻につんとくる、酸味の強い香りがする
不快感を催す酸味がある
ミルクや砂糖を入れないと苦くて飲めない
飲んだ後、胃がもたれる


煎りたての珈琲豆の香り、味の違いをぜひ確かめてください。


「CRR」導入店舗一覧

ページトップに戻る
Copyright (c) 2007 Allure Planning CO.,LTD All rights reserved