珈琲豆自家焙煎機コーヒーロースターロボットの導入店を募集しています。

HOME お問い合わせ

CRR COFFEE ROASTER ROBOT

珈琲豆
HOME > 自家焙煎珈琲の魅力 - COFFEE TALKインタビュー -

自家焙煎珈琲の魅力


珈琲豆は生きている! COFFEE TALKインタビュー

新鮮な珈琲のおいしさをもっとたくさんの人に知らせたい

「CRR」の販売企画・営業の総指揮をとる株式会社アリュールプランニングの諸橋正則代表取締役。「鮮度の高い珈琲のおいしさをもっと多くの方に知っていただきたい」。そんな情熱をもつ諸橋代表ですが、意外にもかつては珈琲が苦手だったとか。珈琲のおいしさに目覚めたきっかけや、自家焙煎珈琲販売業の今後の展望について、お話を伺いました。

 


株式会社アリュールプランニング 伊東 八重子 代表取締役


珈琲が苦手だったというのは、本当の話なんですか?
伊東 苦いし、飲むと胸やけがするのがどうも苦手で・・・。お客様の前で飲まなきゃいけないときは、砂糖やミルクを入れて無理やり飲んでました。珈琲に対する価値観が変わったのは、「CRR」の販売を本格始動させる前、導入店舗を視察しに八ヶ岳に出張したときです。宿泊先のペンションで夕食をとった後、デミタスコーヒーが出てきたので砂糖を入れて飲もうとしたら、今まで飲んだ珈琲とは全然違う香りがしたんですね。「あれ?」と思って飲んでみたら、いつも感じる嫌な苦みや酸味がまったくない。ペンションのご主人に尋ねたら、「近所に生豆を自家焙煎するお店ができたんですよ」と教えてくれました。そう、偶然にも八ヶ岳の導入店舗で購入された豆だったんです。自分が今まで飲んでいた珈琲は何だったんだろうと、このとき初めて鮮度の高い珈琲のおいしさに目覚めました。
一般的に、八ヶ岳で飲まれたような鮮度の高い珈琲を味わうのは、難しいのでしょうか。
伊東 そうですね。焙煎した珈琲豆のパッケージを見ると、賞味期限は書いてあるのに、製造日は書かれていないものが多い。これはどういうことかと言うと、珈琲豆は焙煎してから1週間経つと、酸化が進み、味が劣化してしまいます。工場から出荷された豆が、長い流通経路を経て販売店に届き、そのあとさらに店頭で売れ残ったとしたら・・・。焙煎から1週間では、到底消費できないでしょう。工場で大量焙煎するスタイルでは、お客様に鮮度の高い珈琲豆を提供することはできません。少量焙煎を主にした自家焙煎がいちばんの理想形なのです。
自家焙煎の理想形を追求して開発されたのが「CRR」なんですね。
伊東 ひと昔前まで、焙煎は熟練を要する職人の仕事でした。昔ながらの職人の世界を否定するつもりはないけれど、私としてはもっと多くの人に珈琲の価値観を変えてほしいという思いがあります。そのためには、新鮮な珈琲豆をまちの身近な場所で購入できる環境をつくらないと。「CRR」はアルバイトやパートの方でも簡単に操作でき、いつでも均一な仕上がりをキープします。修業経験のない方でもすぐに開業できるので、フランチャイズ展開やチェーン展開の店舗にも大いに活用できます。
特に最近、自家焙煎の珈琲が注目されていますね。
伊東 そうそう。北海道を舞台にした、テレビドラマを思い出す人がいるかもしれませんね。手動のミルで豆を挽き、自分の好きな淹れ方で飲むときの、ゆったりした時間の流れが人々の共感を呼んでいるのでしょう。また、家庭で「煎りたて、挽きたて」の珈琲を味わうという、お手頃な贅沢感も魅力のひとつです。 イメージ
  そんな世の中の流れを受けてか、八ヶ岳周辺ではここ数年で自家焙煎の珈琲ショップが20軒もオープンし、なかには定年退職後に開業されたオーナーもいらっしゃいます。『アントレフェア』に出展したときも、退職後に自宅や駐車場の一角で開業したいという熟年層のお客様の問い合わせが多く、今後の販売展開の大きなヒントになりました。
独立開業のほかに、どんな導入事例があるのでしょうか。
伊東 喫茶店やカフェを一から開業するには、それなりの敷地面積と資金が必要ですが、すでに営業されている店舗のスペースを上手に活用すれば、低資金で既存業態との相乗効果が見込めます。現在、老舗ホテルのベーカリーに「CRR」を導入し、オリジナルブレンドの珈琲豆の販売や、新郎新婦がブレンドした珈琲豆を結婚式の引き出物にするといった企画を提案しています。また、スーパーやホームセンターでは焙煎を待つ間に買い物ができるので、お客様を待たせる心配もありません。喫茶店やカフェの業態にこだわらなくても、アイデア次第でいくらでもビジネスにつなげることができます。
自家焙煎の珈琲は、まさにこれからビジネスの可能性を広げていくわけですね。
伊東 お客様の目の前で生豆を焙煎するスタイルは、珈琲豆の鮮度に対する「信用」をアピールすると同時に、「今、あなたのためだけに焙煎しています」というお客様へのプレゼンテーションにもなります。珈琲自体、いろんな人の好みが反映される嗜好品ですから、お客様一人ひとりの好みにきちんと対応すれば、必ずリピーターを獲得できます。 イメージ
  私たちは「CRR」の販売だけを目的にしているわけではありません。一般の人たちが思っている珈琲の価値観をもっと上げて、「珈琲ってこんなにおいしいんだ」ということを知っていただきたいと思っています。実際、これだけ日常よく飲まれているのに、生豆の状態を知らない人や、茶色い豆のまま木に実っていると思い込んでいる人が意外と多いんです。「CRR」を通して、新鮮な珈琲の味と香りをまちの身近な場所からお届けできるように頑張りたいと思います。

ページトップに戻る
Copyright (c) 2007 Allure Planning CO.,LTD All rights reserved